良い記事を書くポイント

サイト内のフィードバックに用いられる記事の評価基準について解説します。 以下の基準を満たすように心がけて記事を書いてみましょう。

文章がわかりやすく、誤りが少ない

言葉と文に関する項目
誤字脱字があまりに多い文章は、読み手に負担をかけ、誤解を招く可能性が高くなります。 文章の公開前に、何度か文章を読み直し、できるだけ間違いをなくすように心がけましょう。 また、「てにをは」や、主語と述語の対応など、基本的な文法が守られていなければ、読み手が内容を理解しづらく、誤解が生まれる余地が高まります。 1つ1つの文章を頭から読んで、文法的に意味が通るものであることを何回か確認しましょう。 なお、文法の間違いをなくして読みやすい文章を書くには、複雑で長い文章を避け、短くまとまった文を書くのが一番効果的です。 文章に使われる言葉が分かりやすいことも大切です。あまりに専門的で難しい言葉、ほとんどの人が意味を理解できない言い回しを、説明なしにたくさん使うことは、読み手にとっては理解をさまたげる障害となります。 前提知識がなくても読めるわかりやすい言葉、普通に使われる言葉で文章を書くことはとても大切です。 もし難しい言葉や造語を使う必要がある場合、その意味を文章のなかで、あるいはカッコ書きで補足しましょう。

はじめから終わりまでスムーズに読める

文と文のつながりに関する項目
文章を書いていると、あれもこれも内容を盛り込みたくなることがありますが、文章の本筋に関係のない話が多すぎると、話の流れが途切れてしまい、わかりにくい文章になってしまいます。 文章の流れを良くするには、自分が書いた文章をはじめから終わりまで何度も読み返し、「スムーズな流れ」ができるまで書き直し、不要な要素を削ってみましょう。

新しい発見・意外な展開がある

驚き・発見に関する項目
面白いアイデアとは、「知らなかった(考えたことがなかった)けれど、理解できる」と感じてもらえるアイデアです。 このことを逆に考えてみると、誰もが知っている常識を書いても面白くはなく、また誰も理解できない話を書いても、やはり面白くない、ということになります。 つまり、みんなが知らなかった真実や、意外な物語の展開、といったものが記事の価値になります。 面白いアイデアを見つける方法は大きく2つあります。 取材や調査で独自の情報を手に入れることと、あなた自身のこだわりを徹底的に突き詰めることです。

気持ちがゆさぶられる、共感できる

記事のタイプに関する項目
体験談や小説、ジャーナリスティックな文章など、物語性が強く、読む人の気持ちに働きかける作品が、この項目に該当します。 こうしたジャンルで良い文章を書くためには、話のなかに出てくる人たちをどれだけ活き活きと描けるかどうかが重要となります。

役に立つ、実用的である

記事のタイプに関する項目
生活や仕事に使える知識やノウハウが書かれたものが、この項目に該当します。 このタイプの記事を書く場合、どれだけ具体的でわかりやすい内容を書くかが重要となります。 箇条書きで手順を示したり、やってみたときの様子がわかるような写真や図解を入れると効果的です。

説得力がある、納得できる

記事のタイプに関する項目
あるテーマについての分析や主張が書かれたものがこの項目に該当します。 このタイプの記事で質を高めるには、主張のもととなるデータや根拠となる事実を綿密に調べて書くことや、読んで納得できる論理構成をつくることが重要となります。
maronブログ - 記事作成ガイド - お問い合わせ - ご利用規約 - 運営会社
Copyright ©Daichi Ishii Office, LLC.